特定調停について

特定調停は、裁判官と裁判所が指定する調停委員で組織される調停委員会において、相談者と貸金業者が借金の返済方法について話し合い、解決策を見いだしていく制度です。

調停委員は、裁判官と調停委員が相談者と関係する全ての貸金業者双方の言い分を聞いて、双方の主張を調整します。調停委員は公正な立場から両者の調整を行ってくれます。このため、相談者は弁護士や司法書士などの法律専門家の手を借りなくても債務整理を行うことができます。費用も安いことから、経済的に法律専門家に依頼することができない相談者には便利な制度です。

調停委員が調整することから、一方的に貸金業者に有利な結論が出ることはありませんが、一方で、債務者に一方的に有利な結論が出されるわけではありません。あくまでも相談者と貸金業者が話し合いにより解決方法を模索するものであるため、合意に達しなかった貸金業者がある場合、その貸金業者の借金は整理されないことになります。

<関連記事>
 
 
Top