借金返済の自転車操業

多重債務者が陥る状況の一つに、借金返済の自転車操業があります。つまり、自分の収入では借金の返済ができないため、さらに借金して借金を返済するという状況です。借金返済の自転車操業は多重債務の最終形態といえます。

いったん借金の自転車操業に陥ると、収入が大きく増えることがなければ次々と借金を借金で返済することととなり、最終的には借金する先がなくなり破綻します。しかも容易に借金ができる貸金業者の利率は高いので、結局借金で利子を返済するだけで元本が減ることはありません。

こうなると自転車操業するだけ借金の額が増えしかも返済しても減ることはないですから、直ちに専門家に相談し債務整理に入るべきです。収入が増える見込みがあれば別ですが、増える見込みがないから借金をしているのであって、実現性のない希望はもたないことです。

本来であれば借金返済の自転車操業に陥る前に対策を講じるべきではありますが、自転車操業に陥っても絶望することなく法的整理を行えば道は開けます。

<関連記事>
 
 
Top