全記事一覧≫

借金整理の決意

借金し始めの頃は、自分の収入で十分に返済可能だと考え安易に借りがちです。しかし、度重なる借金により借金の額が増え収入内で返済できる額を超えると、借金は雪だるま式に増え始めます。 »さらに読む »

特定調停と債権者の選択

特定調停を申し立てる際に、住宅ローンや金利の安い銀行から借入がある場合、そうした債権者を除外して申し立てることはできるでしょうか。 »さらに読む »

特定調停の成立

特定調停が成立するためには、当事者間の合意が「特定債務者の経済的再生に資するとの観点から、公正かつ妥当で経済的合理性を有する内容のもの」である必要がります。 »さらに読む »

特定調停の資料がない場合

特定調停申立には、借入契約書や債務弁済時の領収書などを提出する必要があります。申立人自身でそれらの書面を保管していた場合は問題ありませんが、手元に書類がない場合はどうすればよいのですしょうか。 »さらに読む »

特定調停申立に必要な書類

特定調停申立に必要な書類にはどのようなものがあるのでしょうか。申立人は、申立と同時に「財産の状況を示すべき明細書その他特定債務者であることを明らかにする資料」及び「関係権利者の一覧表」を提出する必要があります。 »さらに読む »

特定調停の申立権者

特定調停の申立権者は、「特定債務者」であり、債権者が特定調停の申立をすることはできません。 »さらに読む »

特定調停のメリット・デメリット

特定調停のメリットとデメリットについて、任意整理と比べた場合のメリットは次の通りです。 »さらに読む »

特定調停とは

特定調停手続は、返済はまだ可能だが、このままだと間もなく返済ができなくなる人が、破綻する前に裁判所に簡易裁判所で債権者と話し合いをして、経済的に立ち直りを図る制度です。 »さらに読む »

個人再生手続選択の基準

個人再生手続には「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の2手続ありますが、いずれも選択することができる場合、何を基準に選択すればよいのでしょうか。 »さらに読む »

個人再生のハードシップ免責

小規模個人再生を申立をして、再生計画案が裁判所に認可され弁済を続けている途中で、病気などで仕事ができなくなり弁済を続けることが不可能になった場合、救済の制度はあるのでしょうか。 »さらに読む »


 
Top