Topic≫

未成年者の借金

未成年者が借金をした場合、親はその借金の責任を負うのでしょうか。 »さらに読む »

借金と相続

たとえば、借金のある夫が死亡した場合、相続人である妻や子供は夫の借金の債務を引き継ぐのでしょうか。 »さらに読む »

給与所得者等再生の再生計画

個人再生手続の給与所得者等再生では再生計画を作成する必要がありますが、再生計画案に債権者の決議は必要ではありません。法律で定められた以下の不認可事由がある場合を除いて、再生計画は成立します。 »さらに読む »

債務整理を躊躇しない

借金に苦しんでいる人の中には、債務整理を躊躇される方もいます。 »さらに読む »

家族への支払請求

借金の返済を滞っていると、親兄弟や妻に支払の請求が来ることがあります。この場合、家族も本人の借金の支払義務があるのでしょうか。 »さらに読む »

給料と退職金の差押え

給料の差押さえ
債務整理にあたり給与所得者が給与を差し押さえられると、生活ができなくなります。このため、日常的な生活費として支出する部分については差し押さえが禁止されています。 »さらに読む »

自己破産とローン

自動車や自宅のローンがある中で自己破産をした場合、それらのローンはどうなるのでしょうか。 »さらに読む »

借金を放っておくと

借金の返済が難しくなり返済することなく放っておくとどうなるのでしょうか。返済が滞ると債務者は期限の利益を失い一括返済を求められます。 »さらに読む »

小規模個人再生の再生計画案

個人再生手続の小規模個人再生を進めるには再生計画案を作成する必要があります。再生計画案に内容は何でもいいわけではありません。その内容は各債権者に平等なものでなければなりません。 »さらに読む »

小規模個人再生の手続

小規模個人再生は、負債額が5000万円(住宅ローンなどの被担保債権は除く)を超えない個人で、継続的にまたは反復して収入を得る見込みがある場合に利用できます。小規模再生手続は通常の民事再生手続よりも費用が安く簡易迅速な手続となっています。 »さらに読む »


 
Top