Topic≫

個人再生手続とは

個人再生手続は、民事再生法の特則で、自己破産をせずに経済的再生を可能にする手続です。民事再生法は経済的に窮境にある債務者について、その事業または経済的生活の再生を合理的かつ機能的に図るため、和議法に代わって新たな再建型の倒産処理手続を定めた法律です。 »さらに読む »

特定調停申立後の手続

特定兆手の申立は簡易裁判所に行います。申立をすると、2~3週間後に申し立てた簡易裁判所から調停期日の呼び出し状が送付されます。調停期日に出頭すると、裁判所の一室で調停委員会の調停委員と話し合いが行われます。 »さらに読む »

特定調停の借金整理

特定調停では、簡易裁判所の調停員会が調停に当たります。調停委員会は裁判官1名と調停委員2名から構成されます。 »さらに読む »

特定調停の特徴

特定調停は、支払不能に陥る恐れのある債務者が経済的に再生するために設けられた手続です。民事調停法の特例となります。 »さらに読む »

任意整理の方法

任意整理は、裁判所の関与無しに、債務者が貸金業者などの債権者と話し合って双方が合意して行う債務整理です。このため、任意整理には決められた方法があるわけではありません。 »さらに読む »

任意整理の手順

任意整理は、①債務調査、②債務確定、③整理案、④業者との交渉、⑤整理案に対する業者の承諾、⑥弁済の開始、という手順で通常行われます。 »さらに読む »

ギャンブルが原因の借金

借金の原因が、「浪費」や「賭博」などの「ギャンブル」行為によって著しく財産を減少させたり、過大な債務を負担するに至ったときには、自己破産をしても、免責不許可事由として原則として免責不許可となります。 »さらに読む »

利息の先取

利息の先取とは、「利率天引き方式」とも呼ばれ、表面金利に相当する利息額を融資時点であらかじめ徴収する融資手法のことをいいます。 »さらに読む »

利息のしくみ

利息制限法は貸金の制限金利について定めている法律です。それによると、 »さらに読む »

遅延損害金

消費者金融などからの借金にあたり注意すべき利息として遅延損害金があります。遅延損害金とは、返済が遅れた場合に業者が請求できる賠償額のことで、利息制限法が定める利息より高い利率での請求が許されています。 »さらに読む »


 
Top