Topic≫

財産がある人の自己破産

破産債務者に「破産手続費用を支出するに足りる一定の財産があるとき」には、破産手続の開始の決定と同時に破産管財人が裁判所より選任されます。これを管財事件といい、申立には予納金が必要となります。 »さらに読む »

自己破産手続の進め方

自己破産を決意した場合、まず最初に何をすればよいのでしょうか。すでに弁護士や司法書士に相談している場合は、相談先の専門家に手続を依頼してもいいでしょう。専門家にまだ相談していない場合は、法テラスや行政機関の無料相談を利用するなどして話を聞くことをお勧めします。 »さらに読む »

自己破産の申立費用と場所

自己破産の申立費用

自己破産の申立には、いくら必要なのでしょうか。申立には、裁判所に支払う次の費用が必要です。 »さらに読む »

借金を返せない理由

消費者金融からの借金を繰り返すといずれ返済が困難となるのはどうしてでしょうか。結論から言うと、面倒な手続不要ですぐに現金を融通してくれるため、ついつい借りすぎてしまうからです。安易に借り過ぎさせてしまうという人間の心理を巧妙に利用しています。 »さらに読む »

特定調停と債権者の選択

特定調停の申し立ては,調停申立書という書面を,相手方の住所のある地区を受け持つ簡易裁判所に提出します。 »さらに読む »

特定調停申立に必要な書類

特定調停申立に必要な書類にはどのようなものがあるのでしょうか。申立人は、申立と同時に「財産の状況を示すべき明細書その他特定債務者であることを明らかにする資料」及び「関係権利者の一覧表」を提出する必要があります。 »さらに読む »

特定調停の成立要件

特定調停の申立権者は、「特定債務者」であり、債権者が特定調停の申立をすることはできません。 »さらに読む »

特定調停とは

特定調停手続は、返済はまだ可能だが、このままだと間もなく返済ができなくなる人が、破綻する前に裁判所に簡易裁判所で債権者と話し合いをして、経済的に立ち直りを図る制度です。 »さらに読む »

貸金業法のポイント

消費者金融などの貸金業者は「貸金業法」で業務等を規制されています。このため、貸金業者が貸金業法に違反した場合、監督官庁等に申し出て処罰してもらえます。 »さらに読む »

借金整理の決意と方法

借金し始めの頃は、自分の収入で十分に返済可能だと考え安易に借りがちです。しかし、度重なる借金により借金の額が増え収入内で返済できる額を超えると、借金は雪だるま式に増え始めます。 »さらに読む »


 
Top