債務整理の基礎≫

クレジット契約の仕組み

クレジット契約は、通常、販売店、クレジット会社、消費者の3者の関係で成立しています。消費者が販売店から商品を購入すると、クレジット会社が販売店に代金を一括支払し、消費者はクレジット会社に対し商品代金に手数料を加算した額を分割して支払うことになります。 »さらに読む »

債務整理を躊躇しない

借金に苦しんでいる人の中には、債務整理を躊躇される方もいます。 »さらに読む »

給料と退職金の差押え

給料の差押さえ
債務整理にあたり給与所得者が給与を差し押さえられると、生活ができなくなります。このため、日常的な生活費として支出する部分については差し押さえが禁止されています。 »さらに読む »

借金を放っておくと

借金の返済が難しくなり返済することなく放っておくとどうなるのでしょうか。返済が滞ると債務者は期限の利益を失い一括返済を求められます。 »さらに読む »

利息の先取

利息の先取とは、「利率天引き方式」とも呼ばれ、表面金利に相当する利息額を融資時点であらかじめ徴収する融資手法のことをいいます。 »さらに読む »

利息のしくみ

利息制限法は貸金の制限金利について定めている法律です。それによると、 »さらに読む »

遅延損害金

消費者金融などからの借金にあたり注意すべき利息として遅延損害金があります。遅延損害金とは、返済が遅れた場合に業者が請求できる賠償額のことで、利息制限法が定める利息より高い利率での請求が許されています。 »さらに読む »

借金を返せない理由

消費者金融からの借金を繰り返すといずれ返済が困難となるのはどうしてでしょうか。結論から言うと、面倒な手続不要ですぐに現金を融通してくれるため、ついつい借りすぎてしまうからです。安易に借り過ぎさせてしまうという人間の心理を巧妙に利用しています。 »さらに読む »

貸金業法のポイント

消費者金融などの貸金業者は「貸金業法」で業務等を規制されています。このため、貸金業者が貸金業法に違反した場合、監督官庁等に申し出て処罰してもらえます。 »さらに読む »

借金整理の決意と方法

借金し始めの頃は、自分の収入で十分に返済可能だと考え安易に借りがちです。しかし、度重なる借金により借金の額が増え収入内で返済できる額を超えると、借金は雪だるま式に増え始めます。 »さらに読む »


 
Top