自己破産手続の情報≫

ギャンブルが原因の借金

借金の原因が、「浪費」や「賭博」などの「ギャンブル」行為によって著しく財産を減少させたり、過大な債務を負担するに至ったときには、自己破産をしても、免責不許可事由として原則として免責不許可となります。 »さらに読む »

財産がある人の自己破産

破産債務者に「破産手続費用を支出するに足りる一定の財産があるとき」には、破産手続の開始の決定と同時に破産管財人が裁判所より選任されます。これを管財事件といい、申立には予納金が必要となります。 »さらに読む »

自己破産手続の進め方

自己破産を決意した場合、まず最初に何をすればよいのでしょうか。すでに弁護士や司法書士に相談している場合は、相談先の専門家に手続を依頼してもいいでしょう。専門家にまだ相談していない場合は、法テラスや行政機関の無料相談を利用するなどして話を聞くことをお勧めします。 »さらに読む »

自己破産の申立費用と場所

自己破産の申立費用

自己破産の申立には、いくら必要なのでしょうか。申立には、裁判所に支払う次の費用が必要です。 »さらに読む »

自己破産と債権者名簿

自己破産の申立てには債権者名簿の提出が必要です。借金の借入先をすべて裁判所に申告する必要があります。 »さらに読む »

自己破産の記録

自己破産を申し立てると、戸籍や住民票に記載されるという都市伝説がありますが本当でしょうか。 »さらに読む »

自己破産と保証人

自己破産の免責決定許可を得た場合、保証人の責任はどうなるのでしょうか。自己破産の免責許可は債務を無くすものではなく、破産者の返済の責任を免除するものです。 »さらに読む »

免責不許可事由

自己破産手続において債務者に免責不許可事由がある場合、債務者は免責許可を得ることができません。 »さらに読む »

自己破産の免責

破産手続の一番の目的は破産宣告を受けることではなく、免責の許可決定を得ることです。自己破産手続では、破産手続の開始決定だけでは借金はなくならず、免責許可決定を得てようやく借金を返済する義務がなくなります。 »さらに読む »

自由財産に関する規定

自由財産とは、破産者に属する財産のうちで、破産財団を構成しないものをいいます。自由財産は破産者が自由に処分・管理することができます。 »さらに読む »


 
Top