任意整理について

任意整理は、債務者本人あるいは弁護士・司法書士などの代理人が、債権者と債務の弁済方法について交渉し、債務整理する方法です。裁判所を使わずに法律専門家に依頼して借金の解決を話し合います。

任意整理は借金の総額が比較的少ない場合に適しており、所要期間は2~4ヶ月、費用は1社あたり25,000円程度が相場ですが、専門家によって費用は異なります。

本人が債権者と直接話し合うことも可能ですが、法律上の専門的な知識を要するため、通常は弁護士や司法書士などの専門家に依頼して手続を進めることになります。

交渉過程では、今まで支払ったグレーゾーン金利の部分も計算し直すので、債務残高が減る可能性もりあります。今後の利息の交渉も行われるので、通常利息のない残債務の分割払いという形になります。

このように、任意整理は裁判所を通さずに、相談者または法律専門家と貸金業者間の交渉により債務を整理するものであるため、貸金業者が合意しない限り、債務は整理されません。 そして、合意がなされれば、その合意内容にそって、相談者は返済を行っていくことになります。

<関連記事>
 
 
Top