ブラックリストとは

いわゆるブラックリストとは、クレジットカードの返済滞納や自己破産など債務返済に問題が生じた場合に、それらの情報が信用情報機関の信用情報に登録されることをいいます。

信用情報機関は3団体存在しています。信用情報機関は加盟会社に信用情報を提供し、情報機関でも相互に情報交換を行っています。
・全国銀行個人信用情報センター(KSC):銀行・信金・信組・農協系
・株式会社 シー・アイ・シー(CIC):信販会社系
・株式会社日本信用情報機構:消費者金融系

このため、ある会社で支払いを延滞した場合でも、信用情報機関を通じて、その情報が広く共有されるため、別の会社での取引にも影響することになります。

信用情報機関に自分の信用情報がどのように登録されているかについては情報開示請求をすることで知ることができます。開示請求は信用情報機関のホームページやスマートホンからもできますが開示手数料が必要となります。

弁護士法人アドバンス

<関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする