任意整理をする目安

債務整理にあたり自己破産はしたくないので、任意整理を希望される方もいらっしゃるでしょう。任意整理は金融事業者と話し合い返済について示談を成立させるものです。

任意整理を行うには、すべての業者との間で示談を成立させる必要があります。示談の内容は、借金を「3年36回の分割返済」であればほとんどの業者が応じてくれるのが通常です。

ただし、そのためには債務総額を毎月滞りなく分割返済できるという見込みが必要です。具体的には、債務総額を把握し、毎月返済にあてることができる「返済原資の額」を確定しなければなりません。返済原資の額は、「毎月の手取り収入額から住居費を差し引いた残りの額の3分の1」が目安です。

たとえば、手取り収入が20万円で住居費が5万円の場合、(20-5)÷3=3万円が返済原資の額となります。したがって3×36=108万円が任意整理を行うことができる借金の限界額となります。これを超える場合は、別の手立てを取ることも検討しなければなりません。

<関連記事>
 
 
Top