任意整理の費用

任意整理を弁護士や司法書士に依頼した場合、費用はいくらくらい必要なのでしょうか。債務者は借金の返済に困るくらいですので、解決費用にいくらかかるかが気になるのも無理がないところです。

弁護士費用の場合、依頼事件を着手した時点で支払う「着手金」と依頼案件が終了して結果が出た場合に支払う「報酬」とがあります。

債務整理の場合、着手金は一般的な貸金業者の場合、1社ごとに、着手金として4万~5万円程度、成功報酬として減額された債務金額の10%とされている場合が多いようです。また、過払金の返還を受けた場合は、返還を受けた額の20%が平均的です。

また、相手方の貸金業者が闇金などの高利業者や商工ローン業者であった場合は、着手金が高めに設定されている場合もあります。

任意整理は自分でできるか

任意整理はいわゆる和解ですので、当事者間で合意ができれば成立します。このため、弁護士に依頼しなくても、費用をかけず債務者本人ができないことはないですが、実際は弁護士や司法書士に依頼した方がよいでしょう。

実際のところ、債務者本人が任意整理しようとしても貸金業者はなかなかな応じてくれません。債務整理には法律の専門知識が必要な専門家が取り扱うべきことがらであることから、法律に素人の債務者と当事者として交渉するには無理があるからです。

また、貸金業者が応じてくれたとしても、借金をし返済が滞っている立場上、貸金業者のいいなりになり、不利な和解案を承諾することにもなりかねません。また、受任通知もありませんので業者の催促を止めることもできません。

こうしたことから、結局のところ、弁護士や司法書士の専門家に任意整理を依頼する方が安上がりですし、早期に確実に解決できるといえます。

<関連記事>
 
 
Top