自己破産と保証人

自己破産の免責決定許可を得た場合、保証人の責任はどうなるのでしょうか。自己破産の免責許可は債務を無くすものではなく、破産者の返済の責任を免除するものです。

このため、免責決定がされた場合、破産者の返済の責任は免除されても、債務は残っており、保証人の責任ま免除されるわけではありません。

したがって破産者の保証人は保証人としての責任を免れることはできず、債権者から請求されれば、全額一括で支払わなければなりません。

保証人も支払いを免れるためには、保証人も自己破産を申し立てる必要があります。自己破産を望まない場合、債権者と話し合い分割支払いの交渉をし、破産者も返済に協力するのがよいでしょう。

弁護士法人アドバンス

<関連記事>
 
 
Top