自己破産の記録

自己破産を申し立てると、戸籍や住民票に記載されるという都市伝説がありますが本当でしょうか。

結論から言うと、自己破産を申立をしても、戸籍や住民票に記載されることはありません。ただし、破産手続開始決定があると、申立人の本籍地の市区町村役場の「破産者名簿」には記載されます。

としても、破産者名簿は非公開ですし、免責許可決定を受ければ本籍地への通知もされないので、ほとんどの破産者は破産者名簿に記載されることもありません。

この破産者名簿とは、役所が身分証明書を発行する際に使用するもので、一般人や企業が閲覧できるものではありません。この点誰でも閲覧できる官報とは性格が異なります。

弁護士法人アドバンス

<関連記事>
 
 
Top