借金を返せない理由

消費者金融からの借金を繰り返すといずれ返済が困難となるのはどうしてでしょうか。結論から言うと、面倒な手続不要ですぐに現金を融通してくれるため、ついつい借りすぎてしまうからです。安易に借り過ぎさせてしまうという人間の心理を巧妙に利用しています。

確かに消費者金融からの借金には、2010年の貸金業法の改正によって、年収の1/3までしか借りる事ができないという総量規制が導入され、年収を証明する書類や納税証明書などの提出が求められるようになりましたが、実際はこうした書類の提出があいまいなままで融資が行われています。

また、年利も出資法の改正によりグレーゾーン金利が廃止され、上限金利が20%(借入金10万円まで)と低くなりましたが、それでも20%という金利が高いことにはかわりありません。借りた金額の1.2倍を稼がなければ返済できません。

冷静に考えれば消費金融の利用には罠があり返済条件は厳しいにもかかわらず利用してしまうところが、消費者金融からの借金の恐ろしいところなのです。

借金の自転車操業

多重債務者が陥る状況の一つに、借金返済の自転車操業があります。つまり、自分の収入では借金の返済ができないため、さらに借金して借金を返済するという状況です。借金返済の自転車操業は多重債務の最終形態といえます。

いったん借金の自転車操業に陥ると、収入が大きく増えることがなければ次々と借金を借金で返済することととなり、最終的には借金する先がなくなり破綻します。しかも容易に借金ができる貸金業者の利率は高いので、結局借金で利子を返済するだけで元本が減ることはありません。

こうなると自転車操業するだけ借金の額が増えしかも返済しても減ることはないですから、直ちに専門家に相談し債務整理に入るべきです。収入が増える見込みがあれば別ですが、増える見込みがないから借金をしているのであって、実現性のない希望はもたないことです。

本来であれば借金返済の自転車操業に陥る前に対策を講じるべきではありますが、自転車操業に陥っても絶望することなく法的整理を行えば道は開けます。

<関連記事>
 
 
Top