自己破産手続の進め方

自己破産を決意した場合、まず最初に何をすればよいのでしょうか。すでに弁護士や司法書士に相談している場合は、相談先の専門家に手続を依頼してもいいでしょう。専門家にまだ相談していない場合は、法テラスや行政機関の無料相談を利用するなどして話を聞くことをお勧めします。

自己破産手続は本人ですることもできますが、できれば弁護士や司法書士の専門家に手続を依頼した方がよいでしょう。法律の素人よりも迅速・確実に手続を進めてくれますし、本人も自己破産手続に時間をとられることがありません。

専門家に依頼する場合は、費用がかかりますが、たいていの場合分割払いに応じてくれるでしょう。また、法テラスを利用すれば、条件をみたす場合、費用の立替払いをしてもらえ、その後、法テラスへの分割払いで支払うこともできます。

特に財産がない場合の破産手続は同時廃止となりますが、この場合、破産の申立から免責許可の確定まで、通常6ヶ月前後かかります。また財産があり破産管財人が選任される場合は、破産手続が終了するまで6ヶ月から1年程かかります。

自分で破産手続をする場合、この期間破産手続に時間をさかなければなりうません。しかも、裁判所へ提出する資料集めから作成までを自分でしなければならず、手続に詳しくない分苦労することになります。

自己破産手続は、専門家に依頼しても自分で進めても、一定の時間がかかりますし、簡単な手続ではありません。これは免責が認められれば債権者に多大な損失を与えることになることを考えると、無理からぬものがあります。一つ一つ丁寧に手続を進めていくしかありません。

<関連記事>
 
 
Top