個人再生手続とは

個人再生手続は、民事再生法の特則で、自己破産をせずに経済的再生を可能にする手続です。民事再生法は経済的に窮境にある債務者について、その事業または経済的生活の再生を合理的かつ機能的に図るため、和議法に代わって新たな再建型の倒産処理手続を定めた法律です。

個人再生手続には、小規模個人再生と給与所得者等再生の2つの手続があります。小規模再生手続は、個人債務者のうち、将来において継続的にまたは反復して収入を得る見込みがあり、かつ、再生債権の総額が5,000万円を超えない場合に利用できます。

給与所得者等再生手続は、小規模個人再生ができる人のうち、給与またはこれに類する定期的な収入を得る見込みがある者で、かつ、その額の変動の幅が小さいと見込まれる場合です。

また、住宅ローンがある場合、住宅資金貸付債権に関する特則を利用できます。住宅ローンの返済が滞ると期限の利益を喪失し、住宅ローン全額を返済する必要が生じ、抵当権が実行されることになります。こうした場合、住宅資金貸付債権に関する特則を利用すると、抵当権実行手続が中止されます。

<関連記事>
 
 
Top