借金を放っておくと

借金の返済が難しくなり返済することなく放っておくとどうなるのでしょうか。返済が滞ると債務者は期限の利益を失い一括返済を求められます。それでも返済がない場合、債権者は強制執行の手続をとり、債務者の不動産や動産などの財産を差し押さえ、競売によって換金します。競売金は債権者へ配当されることになります。

しかし、資産がない場合は強制執行をして差し押さえても効果がありません。このため、債務者としては時効の完成まで返済をせず待つという方法もありますが、現在ではまず時効中断手続がとられるため、時効の完成まで待つという方法をとることは難しくなっています。

借金を返済しないまま放置すると、その間借金はますます増え続け、精神的にも負担になりますから、できるだけ早期に債務整理を決断しましょう。また、借金を整理しても生活はマイナスからゼロにもどるだけですから、借金整理後は、収入を増やすか支出を減らすかしながら、経済的にプラスになるよう心がけて生活してゆく必要があります。



<関連記事>
 
 
Top