未成年者の借金

未成年者が借金をした場合、親はその借金の責任を負うのでしょうか。結論から言うと、子供が未成年者であっても、親自身が保証人や連帯保証人になっていない限り、子供の借金を返済する義務はありません。

民法は未成年者を保護しており、未成年者が親の同意を得ないで借金をした場合、親や未成年者は、後から借金を取り消すことができます。このため、業者は通常、契約書に親の署名捺印を求め、形式上親の同意をとった形をとります。

しかし。形式上同意があっても、それが親に無断でなされたものである場合、その同意は原則的に無効で取り消すことができます。ただし、クレジットカードによるキャッシングの場合は、未成年者が親の同意を得てクレジットカード契約を結んだ際に親の包括的な同意があったものとして、1回1回のカードの利用が利用限度額内である場合は、キャッシングの取消しは難しいといえます。



<関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする