借金整理の目安と方針

借金解決にとって大切な姿勢は、早期発見・早期治療です。ガンの治療と同様に、できるだけ早期に発見・対策をとれば、それだけ負担少なく解決が可能となります。

借金に対する返済が毎月の収入の範囲では困難となり、その支払のために家族から借金したり、他の貸金業者から新たに借入れせざるをえなくなれば、借金尾「重症患者」と意識する必要があります。

本人の収入にもよりますが、一般的に借金の額が100万円を超えたあたりから、借金を借金で返済する自転車操業を繰り返し多重債務に陥る状況になりやすくなるといえます。借金の自転車創業を繰り返すと、借金の額は雪だるま式に増加してゆきます。

多重債務の解決は、すべての債務について一気に整理することが重要です。一部でも未整理の借金を残すと、そこから再び債務が雪だるま式に増えてゆく可能性があるからです。借金の解決は、早期発見・早期治療、そして治療はすべての借金を整理することが大切です。

ウィズユー司法書士事務所

<関連記事>
 
 
Top