任意整理を弁護士に依頼する場合

任意整理を弁護士に依頼する場合、どのような点に注意すればよいのでしょうか。まず、任意整理は法的に高度な知識が必要であることから弁護士に依頼することは正しい選択といえるでしょう。そして弁護士に依頼する場合、すべての債務について弁護士に報告することが大切です。

すべての債務を報告しないで、他の業者への支払を続けていると、それがもとで再び多重債務に陥り、再び任意整理などの債務整理が必要になってしまう場合もあります。このため、任意整理する際は、すべての債務について整理する適切です。

また、債務の分割返済額についても返済可能額をありのまま報告する必要があります。返済できない額を報告し、それにもとづき任意整理をしても、結局返済が困難となり、手続が振り出しに戻ってしまいます。

任意整理を弁護士に依頼する場合の弁護士費用は、各弁護士によって異なりますが、およそ債務額の5%から10%が必要といえます。

【みつ葉司法書士事務所】債務整理問合せ

<関連記事>
 
 
Top