クレジットカードの現金化

クレジットカードには、通常、商品やサービスを購入して後払いにする「ショッピング」の機能と、カードを用いてお金を借り入れる「キャッシング」の機能があります。

「クレジットカードの現金化」とは、この「ショッピング」枠を、現金を入手することを目的として利用することです。

このようなクレジットカードの利用は、クレジットカード会社の規約違反ですから、決して利用してはいけません。一方、借金やその返済に窮した人が利用してしまうケースも少なくありません。具体的な方法としては「買取屋方式」と「キャッシュバック方式」があります。

○買取屋方式
クレジットカードのショッピング枠で商品等を購入させ、それを買取業者が使用額以下で買い取り、利用者に現金が渡る仕組みです。

○キャッシュバック方式
利用者にキャッシュバック付商品を、クレジットカード決済で購入させ、購入額以下の現金を商品とともに渡す仕組みです。

いずれの場合も利用者は、一時的には現金を手に入れることができますが、後でその金額よりも高額なクレジットカードの支払いに追われ、さらに債務を膨らませてしまう結果となります。

また、利用者が負担する手数料は、利率でいえば年利数百%に相当します。さらに。利用者が、クレジットカードの利用停止、約束の金額が支払われない、キャンセルに応じてもらえない等のトラブルに巻き込まれる場合もあります。

このように「クレジットカードのショッピング枠の現金化」は非常に問題が多いことから、決して利用しないようにしてください。

任意整理のエストリーガルオフィス

<関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする